預けた場合に発生する金額

子供のために活用する

最初の10年間は、30万円ぐらいの料金が発生します。
11年目以降になると、10年あたりの料金が12万円と料金が安くなります。
それでも最初の10年間は、かなり高額な出費だと感じるでしょう。
歯髄細胞バンクに乳歯を預ける人は、保険の感覚で使っています。
もしものために、医療保険や死亡保険に加入している人が多いでしょう。

それと同じように、再生医療が必要になった時のために歯髄細胞バンクを利用することをおすすめします。
その時になってから、乳歯を預けていれば良かったと後悔しても手遅れです。
また大人になってからでは間に合わないので、すでに親になっている人は、子供に何かあった時のために歯髄細胞バンクを活用する傾向が見られます。

個人情報は明かされない

献歯は無料なので、歯髄細胞バンクに預ける時よりも気軽に使えると思います。
しかし、研究に使われることを同意しなければいけません。
書類を渡されるので、内容をよく読んで納得できたら署名しましょう。
また書類に氏名や性別、年齢を記入しますが、それらが公開されることはありません。
本当に乳歯を提供するだけで良いので、安心して寄付してください。

何本か乳歯が抜けると思いますが、預けるのは数本で良いでしょう。
余った乳歯は、今後の再生医療のために寄付してください。
すると自分や子供の役に立ちますし、医療全体の発展にも貢献できるので一石二鳥です。
これまでは捨てていた乳歯にも、このように大きな使い道があることを理解してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ