念のために保存しておこう

有料で預ける方法

人間は誰でも子供の時に、乳歯から永久歯に生え変わります。
昔は乳歯が抜けたら捨てたり、自己流の方法で保管したりしていた人がいると思います。
しかし乳歯は再生医療に使えるので、捨てるのはもったいないです。
万が一の事態が起こった時のために、乳歯を保管しておきましょう。

この時は、歯髄細胞バンクを使ってください。
乳歯を有料で預かってくれる施設があり、本人が将来病気になった時に役立てることができます。
また本人だけでなく、その家族が病気になった時でも対応します。
乳歯は徹底した管理の中で管理し、細胞を増やさなければいけません。
ですから自己流の方法で管理していても、再生医療には使えません。
きちんと、専門的な施設に預けましょう。

研究に使ってもらおう

乳歯を役立てる方法は2種類あり、1つ目は有料で預け、将来再生医療が必要になった時に活用する方法です。
2つ目は、研究施設に寄付する方法になります。
こちらは献血とシステムが似ており、献歯と呼ばれることが多いです。
寄付した乳歯は新しい薬を作る時や、再生医療の理解をさらに深めるための研究に使われます。

まだ治療方法が解明されていない病気がたくさんありますが、自分が寄付した乳歯のおかげで方法が見つかるかもしれません。
全く医学の知識がない人でも、協力できる面がメリットですね。
こちらは費用が一切発生しないので、ただ乳歯を捨てるより寄付した方が絶対に良いです。
近くに乳歯を寄付できる施設がないか、さっそく探してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ